HOME > 当校について > 米国本校紹介 Nutrition Therapy Institute ( NTI )

米国本校紹介 Nutrition Therapy Institute ( NTI )

ntiカレッジ本校の写真 ホリスティックカレッジ・オブ・ジャパンの提携校である米国本校は、ニュートリション・セラピー・インスティテュート【NTI】と呼ばれ、上級教育省(コロラド州)において、栄養療法専門カレッジとして、Private Occupational School【POS】の認可を受けています。(これは、一般大学の学位授与の目的ではありません) POSは、別名プロプリエタリー・スクールと呼ばれ、特定の分野で仕事をする人の知識の向上が目的の学校です。米国では、「某有名大学を卒業したより、どのような知識を習得しているか」が、問われる時代に入っています。このようなPOSの資格を取得した人たちが、各分野で大活躍しています。
【NTI】は、1998年に自然療法医師であるシャー・レベラーによって、彼女の生まれ故郷であるコロラド州デンバー市に設立されました。デンバー近郊に在住の学生には、スクーリング主体、他の州(海外)の学生には通信教育を主体としたカリキュラムを構成しています。資格には、認定栄養コンサルタント、認定栄養療法セラピスト、自然食プロフェッショナルシェフなどがあり、栄養関連のスペシャリスト養成学校として注目を浴びています。

Nutrition Therapy Institute(NTI)米国本校ホームページ

教授紹介

シャー・レベラー 米国本校校長 CHAR LEBERER,シャー・レベラー
BA, ND, CN, CMT,自然療法医師
ディッキーフュラー博士 DicQie Fuller Ph. D.D.Sc.(ディッキーフュラー博士)
米国ヒューストンにある酵素療法トランスフォーメーションクリニック院長。栄養療法、及び酵素療法の臨床医として30年以上のキャリアがある。自らもガンを患い、精神面、体質、栄養を加味したホリスティックアプローチで治療を行い、その成功の秘訣を伝えるべく、カレッジの特別講師として、全米にて教育活動に従事している。
マハマン・ママドウ博士 Mahamane Mamadou Ph.D.(マハマン・ママドウ博士)
米国ウエストコンシン大学、ケンタッキー大学にて学士、修士号取得、シンシナティ大学の薬理・細胞生物学部から奨学金によって博士号を与えられた。元ベーラー大学教授として教壇に立ち、現在は遺伝子学・生化学・分子生物学の専門家として、同分野の関連産業における研究や顧問としての活動に従事している。日本での講義経験も数回あり、親日家でもある。